森田療法って何?

強迫性神経症で悩む方は多く居ます。
もし、強迫性神経症とサヨナラできたら
どんなに幸せだと思いますか?そんなあなたの
為に、森田療法をご紹介したいと思います。

森田療法は日本で生まれた伝統的な精神療法

不安や恐怖に悩む
多くの人達を治療したきた療法

 

森田療法は、人間の様々な悩みを
解決する精神療法として近頃、再び
注目されるようになってきました。

 

生みの親である森田正馬さんの名に
由来する精神療法です。

 

明治七年に高知県に生まれた森田さんは
幼い頃から夢にうなされたなど、自身が
神経症に悩まされていた事から、精神医学を
志し神経症の治療に積極的に取り組みます。

 

神経症とは、心理的な要因によって、心身に
現れる症状の総称です。心の病の研究が進み、
症状や原因によって細分化されています。

 

森田さんの生きた明治時代、日本は近代化を目指し、競争原理が強調されました。

 

価値観や社会秩序は変化しそれが、人々の心の
悩みを増す理由になったのです。

 

この頃に西洋医学が日本に導入されました。
森田さんは様々な治療法を試し、ついに自宅で
独自の治療法を確立しました。それが森田療法です。

森田療法は多くの症状に対応できるので、海外の評価も高いのです。

森田療法がもともと提唱していた
不安への対処法は、いわゆる神経症
だけではなく、不安を背景に生まれる様々な
悩みにも応用されるようになっています。

従来の治療法

身体への捉われ

自分の身体の不調や不快な感覚に過敏で、
いつも不安に思っている状態。心身症と
診断される事もある。

不安への捉われ

呼吸困難、激しい動悸、めまいなど、
死の恐怖を伴うような不安発作を経験し、
またそうなるのでは?とういう予期不安に
悩む状態。

観念への捉われ

人前の失敗を恐れる対人恐怖所や
ある観念に取りつかれて悩む強迫性神経症
などが含まれる。

現代の拡大した治療対象

抑うつ症状

自分はダメな人間であると決めつけて
落ち込み、劣等感にさいなまれる状態が
長期間続いてる状態。

不登校・ひきこもり

対人関係に悩むことなどで、学校に通えなく
なったり、ひきこもったりする症状。

ターミナルケア

末期がんなどで死に直面した人の心の
安定を取り戻す為に行われるケア。

日常生活での中の悩み

病気と診断されたものだけではなく、
日々生活していく中で感じる、普遍的な
悩みにも森田療法が有効。

悩みの背景には必ず不安がある

抑うつ感であったり、対人場面に対する
苦手意識であったり悩みの中身はそれぞれ。

 

ただ、いずれの悩みの背景には『不安』が
潜んでいます。

 

この不安を取り除いたり、ケアしたりしないと
根本的な解決にはならないという事です。

 

森田療法はもともと、強迫性神経症の
患者が抱える不安、恐怖に対応する為の
治療法で、治療対象は限られていました。

 

しかし近年、森田療法が示す不安への
対応法は、不安を背景に生まれる多くの
心の悩みに対して、有効であると考えられて
きています。

 

心身に現れる症状だけではなく、生きる事
そのものを扱う森田療法は日本だけではなく、
海外にも深く浸透してきています。

 

アメリカでは、ガン患者の心のケアとして。
中国では神経症や、うつの患者に。
フランスでは、東洋医学や東洋哲学の見本。

森田療法の新しい可能性

森田療法は精神療法の一つとして誕生し、
発展してきましたが、森田療法が示す考え
方は、『病』に対する治療法だけにとどまらず
普段の生き方そのものの指針として活用できる。

人生の危機に対する、処方箋になる考え方

人生には、様々な機危機が訪れます。
なんでも完全にやり遂げたい、こうしなくては、
という思いが強ければ強いほど人生は
行き詰り易く、危機的な状況に陥って
しまいます。

 

この治療法や考え方を知り実践して行く事は
こうした危機的状況から抜け出す事にも
有効です。まず大事なのは、自分の危機
的な状況を理解する事。自分の限界を知り
出来ない事は出来なと認めて、切り捨てて
しまう勇気が必要です。

 

無理だな、出来ないなという事を捨てた時
自分が本当にしたい事は何か、自分らしさが
見えてくるでしょう。

善は急げ!誰かに相談したいなと思った時にはすぐ相談して下さい!⇒⇒自分で強迫性障害と向き合う方の教材はこちら森田療法を行える病院やクリニックはこちら北海道札幌医科大学精神科(北海道札幌市)大通公園メンタルクリニック(北海道札幌市)旭山病院精神科(北海道札幌市)東北生協さくら病院(青森県青森市)青葉病院(宮城県仙台市)東京 関東地区飯田橋メンタルクリニック(東京都千代田区)東京慈恵会医科大学附属 第三病院(東京都港区)森田療法研究所(自費)(東京都渋谷区)帯津三敬塾クリニック(東京都豊島区西池袋)森田療法クリニック(東京都新宿区)光洋クリニック・光が丘(東京都練馬区)飯田橋?光洋クリニック(東京...
環境の変化に対応出来ない時、悩み(不安)は生まれる。周囲の環境は常に変化し続ける身近な人々との関係や自分の社会的な位置などは、常に同じという訳にはいきません。いい変化もあれば悪い変化もあります。いずれにせよ、小さいかもしれませんが、周りの環境の変化と対峙しながら人は生きています。上手くやっていけないのではと不安になる。環境の変化に対しては、誰しも多かれ少なかれ心の負担を感じるものです。環境が変化すれば、自分もまた新しい環境に対応する為に変化を求められるからです。自分なりに対応した事がいつも上手くいくとは限りません。つまづくこともあります。このつまづきを受け止める事が出来ない時不安が強まっていき...
臥褥期(がじょくき)についてお伝えします。患者さんは、一日中個室で横になって過ごします。基本的には食事、トイレ、洗面以外の気晴らしは一切の行為が禁じられます。患者さんは『不安や実際の症状が起こるまでこの部屋で過ごして貰う事は伝えられる』最初の数日は心の安定が得られるのですが、その期間が過ぎると過去や将来に様々な想像が広がり、強い不安や苦悩に襲われるようになります。この時に不安をそのまま耐え忍んでいると、悩みが消失する事もあります。これを森田療法では『煩悩即解脱』と呼んでいます。その後、一週間位になると退屈を感じて心身の活動欲が高まります。これがその後の治療の足掛かりになります。森田療法で始める...
森田療法は数カ月の入院治療が基本でした。しかし、悩みの質の変化や患者のニーズ、治療者側の事情などがあいまって、現在は入院する事なく、治療するスタイルが確立しました。森田療法の伝統は受け継がれてる治療スタイルは変わったが、森田療法の伝統は受け継がれてる。森田さんは、患者とともに生活し家庭的環境の中で徹底した生活指導を行ってました。その為、入院治療が原則でした。しかし最近では、外来療法をが確立し日記、通信療法、外来、自助グループへの参加などを組み合わせて相乗的に治療していくスタイルになりました。治療のスタイルは変わりましたが、森田療法の伝統的な考え方自体は同じです。どんな症状に悩まされているかより...