洗浄強迫の症状と治し方

洗浄強迫強迫性神経症の中でも比較的
多い症状で代表的な症状だと言えます。
キレイ好きや潔癖症と誤解される事もあり
ますが、実際の所は根本的に違いがあります。

洗浄強迫と潔癖症の違い

キレイ好きや潔癖症の例で言うと、物が
決まった場所に置かれていないと気が
済まなかったり細かい所まできちんと掃除を
したり整理整頓をしたりする人を言います。

 

しかし洗浄強迫になると、その対象が物になる
場合もあれば人になる場合もあり、自分の
テリトリーだけの話では無く、範囲も想像も
広がり対象が増えて行く事に特徴があります。

洗浄強迫の対象が物の場合

洗浄強迫の対象が排泄物、血液、体液、
ばい菌、精液、ウイルス、土や砂、PM2.5、
放射線などが対象になります。

洗浄強迫の対象が人の場合

家族やそのうちの誰か、嫌いな上司、
いじめっ子、虐待の加害者、テレビでみる
事件の加害者、ホームレス、見た目が不潔
そうな人などが対象。

洗浄強迫の対象はすべて?

このように洗浄強迫を感じるのは何も物に
限った事では無く、人になる場合もあります。

 

目に映る特定の人が目に見えない汚れ(汚染)
もたらすと考えてしまいます。(強迫観念)

 

実際には理由が無い為、不潔ではなくても
そう思い込み、強迫の対象にしてしまいます。

洗浄強迫の症状

洗浄強迫は不潔と思える何かから自分の身を
護る為に洗浄と言う行為にでます。
自分が汚いと思い込んでるものに少しでも
近づいてしまうと、自分が汚れてしまった!
とか私が汚れた事で家族の誰かを汚して
しまうとの思いが膨れ上がってきます。

 

お風呂が長い、手を洗うのが長いというのは
その思考の現れという事になります。

 

初めのうちは、外出をして自分の中で
汚い物に触れたり近づいたりすると家に
帰り洗浄するなどの行為を繰り返すのですが、
次第に汚れて手を洗い疲れる位なら
外には出ない!という判断になり、
引きこもる事があります。

洗浄強迫の治し方

洗浄強迫の治し方で効果的に思えるのが
やはり森田療法だと思います。ただその前に
どんな治療を目指すのかの判断基準を
簡潔にかきますので参考にして下さい。

 

洗浄強迫の多くは、汚れた事で洗浄行為を
行うのですが、辞めるタイミングはほとんどの
人が『自分の気が済むまで』のようです。

 

洗浄強迫はもちろんですが、強迫性神経症で
悩む方は二つの気持ちを持っています。

  1. 気のすむまで儀式を行いたい気持ち。
  2. ばかばかしいなという気持ち。

この二つの気持ちを持ちながらも強迫観念に
かられ儀式を行っています。

 

もしあなたが今、洗浄行為を行う事でばか
ばかしいと思っているのなら自分で克服できる
可能性がありますので、森田療法などの書籍で
勉強してみてもいいかもしれませんし、他にも
強迫性障害を治す方法を試してみてもいいと
思います。

 

しかし、自分の行為をばかばかしいなと
思えていない場合の現状だと自分の意思では
克服するのは難しいと思えますので、まずは
医師や専門医、カウンセリングを受けて治療を
目指す方がいいと思います。

 

実際の治療にはいずれも森田療法か
行動認知療法をとると思います。